top of page
検索

京都新聞さんにも、取材をいただきました。感謝


先だっての中日新聞さんの取材から、まもなく。なんと京都新聞さんにも長浜HEROESの取材にきていただけました。




子どもたちも、新聞取材に喜んでいました。





なによりも嬉しいのは、これほどの段数に掲載を頂いたことです。ご注目をいただきまして、心より感謝しております。


小堀ヘッドコーチも、「楽しんでやれば自主性も育ちます。そこを大切に取り組んでいます。興味があれば男女関係なく参加して欲しいです。」と長浜HEROESの大事にしている価値観、「楽しむこと」を語ってくれました。







文部科学省では、教職員の働き方改革として、小中学校の部活動を廃止する方向にあります。まずは土日の部活動開催を禁止する。まずは、これを取り組むことが決定されています。



僕たちの長浜HEROESの活動も、このあたりに大きな危機感がありました。子どもたちがスポーツをする場所がない。そんな地域になればアメリカンフットボールの歴史や文化が途絶えることはもちろん、「そんな町には住まない」人も増えていくでしょう。




子供の健全なる成長が期待できない

違う町に住むこと、引っ越しが発生

住民が減り、公共予算が削減され、悪化スパイラル。

人材が不足し、地域文化や歴史すら消えていく。

行政区でなく精神的な地域の消滅。




これが僕たちが考えていたネガティブなストーリーでした。



なんとか。この未来を回避しなくては。長浜HEROESの活動の根っこには、このような思いもあるのです。




これからも頑張って参ります。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page